立山梅酒 TATEYAMA UMESHU

原産地:富山県
原料:紀州南高梅・日本酒・糖類・酸味料
容量:720ml
度数:11.3度
創業年:1830年
製造元:立山酒造(株)

立山酒造は、文政13年創業。明治39年設立。

立山梅酒」は、会社設立100周年を記念して造られた梅酒。

北陸最大の酒造石高を誇りながら、地元でその九割以上が飲まれるという圧倒的な人気を誇り、富山を代表する銘酒の一つとして名高い銘醸蔵『立山』のこだわり梅酒です。北陸富山を代表する『銀嶺立山』の丹念に醸した本醸造をベースに、紀州南高梅を漬け込んだ一品です。

全量に紀州産の南高梅をふんだんに使用し、本醸造にじっくり漬け込んだ梅酒は、元来旨みのある日本酒をベースに仕込まれるため、糖類の使用量が抑えられ、とても爽やかであっさりとした優しい風味に醸し上げられています。

淡い黄金色の色調と上品な梅の香り、日本酒の旨味とほのかな甘味、瑞々しく爽やかな梅の酸味とが調和し、喉越しスッキリとバランスの良い美味しさに仕上がっています。日本酒ベースの梅酒ならではの爽やかな甘さと軽快な味わいは、食中酒としても楽しめる心地よい味わいです。

カテゴリー: Umeshu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です