ライビンガー・ゼーヴァイセ Leibinger Seeweisse

原産国:ドイツ
分類:ヴァイス
容量:330ml
度数:5.2度
創業年:1894年
製造元:ライビンガービール社

ライビンガービール社は、ドイツ南部、ボーデン湖の北東20kmに位置する人口5万人ほどのラーフェンスブルクにあります。バーデン=ヴュルテンベルク州にありますが、隣接するバイエルン州の影響も受けています。小さな町ですが、中世に建築された塔や遺構が数多くあり、大きな魅力となっています。

1894年に、創業者である醸造家マックス・ライビンガーにより開設。1901年には、この地域で初めてボトル詰めされたビールを売り出しました。1959年ライビンガー二世が経営に加わり、醸造所の近代化を行いました。地方のビール会社にもかかわらず、ハイクオリティーな基準が導入され、素晴らしい品質のビールづくりに今日でも役立っています。21世紀に入り、ライビンガービールは数々の賞を授かり、また米国や日本に輸出を開始するなど、これからも目が離せない存在となっています。

ここに湧き出るアルプスの伏流水、地域産のアロマホップと麦芽を使って、1894年から丁寧にビールを醸造しています。そしてラーフェンスブルクを中心として、ボーデン湖の周辺で殆どが消費されているという地域に根付いたビール会社です。同社は地域の材料で醸造し、その地域のために販売されるビール団体である「Die Freien Brauer」に加盟しています(ドイツ・オーストリアの40社程度が加盟する団体です)。

『ゼーヴァイ』のSeeは、“海、湖”を意味し、ライビンガー社のあるラーフェンスブルクの南に横たわるボーデン湖を表しています。ボーデン湖はドイツ/オーストリア/スイスに跨る湖で、高級リゾート地として知られています。

ライビンガー・ゼーヴァイセ」は、特別な酵母を使い、近年再発見された伝統的なレシピで醸造されています。地元の大麦と小麦を使用し、フルーティな琥珀色のビールに仕上がっています。2011年ドイツ農業振興協会(DLG)主催の国際品質競技会で、ドイツ国内5000種以上のビールの中から金賞を受賞しています。

カテゴリー: Beer パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です