カリラ・ディスティラーズ・エディション CAOL ILA Distillers Edition

原産国:スコットランド
分類:アイラモルト
容量:700ml
度数:43度
創業年:1846年
製造元:ディアジオ社

色:透き通るようなゴールド
アロマ:素晴らしく凝縮された薬品系の香り、同時に豊かなフルーツ、スパイシーかつフレグラントな香り、加水するとフレグラントなスモーキーさが響き渡るように広がる
フレーバー:最初に甘みと麦っぽさが駆け抜け、それがすぐにピートのスモーキーさ、情熱的でクリーンな香味に圧倒される、全体としてはドライ、シナモンのスパイシーさを伴う、複雑かつエレガントな味わい
フィニッシュ:長く、まろやか、かつ力強く、何層にも重なる

カリラはゲール語でアイラ海峡(サウンド・オブ・アイラ)を意味します。アイラ島とジュラ島を分かつ、この海峡周辺はスコットランドの西海岸で最も美しい場所のひとつと言われています。ナムバン湖の真水を仕込み水としてふんだんに使えることから、1846年、ヘクター・ヘンダーソンによりアイラ海峡に面したこの場所に蒸留所が建てられました。

1974年に建て替えが行われたものの、カリラ独自の品質を保つため、オリジナルの設計図に忠実に建物と6つのスチルを再現。ナムバン湖から引かれる仕込み水はミネラルを含み、ピート色が濃い。また、麦芽はさまざまなピートレベルのものが、ポートエレンから調達されています。その酒は、ピートが効いてスモーキーな中に、シガーやハーブ、ナッツを感じさせるもスパイシーです。微かな甘さとオイリーさも印象的です。現在はディアジオ社の所有で、アイラ島で最大の生産量を誇り、そのほとんどが同社のブレンド用原酒として使われています。

カリラ・ディスティラーズ・エディション」は、シェリーなどの貯蔵に使われていたカスクで、二回目の熟成(ダブルマチュレーション)を行っています。このカリラのエクスプレッションは厳選された「モスカテル」カスクで二回目の熟成を行い、卓越したスタイリッシュさと複雑さを併せ持ちます。ウッドの香りが強すぎると言うことは決してなく、このシングルモルトの豊かな香味と完璧なバランスを織りなしています。

カテゴリー: Whiskey パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です