カナディアンクラブ Canadian Club

原産国:カナダ
容量:700ml
度数:40度
創業年:1858年
製造元:ハイラム・ウォーカー&サンズ社

色:ダージリンティー
アロマ:ライム、オレンジ、バニラ、ベニア板
フレーバー:甘さと辛さの表裏一体
フィニッシュ:すぐに消える爽やかさ

1856年、実業家ハイラム・ウォーカーはデトロイト対岸のカナダ最南端オンタリオ州ウォーカーヴィルに土地を購入し、町を築き、蒸溜所を建てました。そして、1858年にそれまでにない軽いタイプのウィスキーを世に出します。そのウィスキーは、当時の紳士達の社交場『ジェントルメンズ・クラブ』で人気を博し、『クラブ・ウィスキー』と名付けられました。

1890年、この人気に脅威を感じたバーボン業者の要請で、アメリカ産とカナダ産のウィスキーを区別する法律が作られ、『カナディアン・クラブ』という名が誕生しました。その後、禁酒法時代(1920~33年)闇の粗悪な酒が横行していたアメリカに対し、良質なカナディアン・ウィスキーが多く密輸され、禁酒法撤廃後に更に発展し、世界的に地位を高めました。

カナディアンクラブ」は、フルーティーで華やかな香りと、6年以上カナダの長い冬に育てられたバランスの良い円熟した味わいが特徴で、ライトでスムーズ。ライ麦を主体としたフレーバードウィスキーと、とうもろこしを主体としたベースウィスキーを3:7ぐらいの比率でブレンド。カクテル『マンハッタン』のベースウィスキーとしても知られています。

カテゴリー: Whiskey パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です