アサヒ・ドライゼロフリー Asahi DRY ZERO FREE

原産地:日本
分類:ノンアルコールビール
容量:350, 500ml
度数:0.0度
創業年:2015年9月上旬
製造元:アサヒビール株式会社(福島工場)
原材料:食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・ドライゼロフリー」は、原材料の配合を見直し、よりすっきりとした後味になりました。泡立ち、泡持ちもそこそこ、飲んでみると、炭酸ガスが強く、後味には苦味、ドライ感が残ります。アロマは、甘くないリンゴの様な香り、飲んでみると、黄金糖の様な香りが抜けるものの甘さ無し、強めの炭酸としっかりとした苦味で辛口に感じられます。コクが乏しく不自然な味わいではありますが、ノンアルコールに多い酸味や嫌味は少なく、苦味がアクセントになっています。

カテゴリー: Beer パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です