ジンズウ・ジン Jinzu Gin

原産国:イギリス (スコットランド)
容量:700ml
度数:41.3度
製造元:キャメロンブリッジ蒸留所

ジンズウ・ジン」は、富山県に流れる一級河川、神通川の名をとったジン。スコットランド・キャメロンブリッジ蒸留所で製造、2014年にディアジオよりリリースされました。ディアジオのShow Your Spirits Competition2013のウィナー、英国人女性バーテンダー、ディー・ディヴィーズさんのアイデアから生まれました。

このジンは彼女が16歳の時に日本に 訪れて以来持ち続けている日本と日本文化への情熱が形になったもの。伝統のコッパーポットスティルを使ってニュートラルグレーンスピリッツにジュニパーベリー、コリアンダー、アンジェリカが浸され、その後、柚子と桜の花が短時間加えられます。

ヘッドはアルコール度数82度、これに日本酒(純米酒)が加えられて60度、さらにスコティッシュウォーターが加えられて41.3%のジンになります。柚子から来る新鮮な柑橘、日本酒由来のズムースな舌触りが特徴。

カテゴリー: Sprits | コメントする

アードベッグ10年・オールドボトル ARDBEG 10 YEARS OLD BOTTLE

原産国:スコットランド
分類:アイラ
容量:750ml
度数:40度
創業年:1815年
製造元:アードベッグ蒸溜所
所有社:グレンモーレンジ社

ゲール語で『小さな岬』を意味するアードベッグ。アイラ島南東部海岸にマクドーガル家によって創設され、約100年に渡り経営されてきましたが、20世紀に入り何度かオーナーが変わり生産量が減少。1981年から89年までは完全に操業がストップしました。1997年、グレンモーレンジ社に買収され改修が進み、操業再開となりました。

アードベッグ10年・オールドボトル」は、1980年代後半に流通していたグリーンボトル。アードベッグ好きをして高い評価を受けている1本。エイジングからみても1970年代が中核となっており、オールドボトルの中でも特に入手が難しい奇跡とも言えるボトルです。

カテゴリー: Whiskey | コメントする

ムーングロウ10年・1stリリース MOON GLOW First Release

原産国:日本(富山県)
容量:700ml
度数:43.0度
創業年:1862年
製造元:三郎丸蒸留所/若鶴酒造(株)

アロマ:古い杉や檜のような針葉樹の香り、オレンジ、バニラ、奥にピート、乾いた⻨芽、独特の穀物の香り、オイル、ビスケット、爽やかなリンゴ
フレーバー:ややライト、スパイシー、檜、わずかにオイル
フィニッシュ:古樽の余韻が残

三郎丸蒸留所は、北陸唯一のウィスキー蒸留所。1952年から続く若鶴酒造のウィスキー造りの原点。水と緑豊かな砺波の大自然に抱かれながら、モルトから原酒が生まれる工程のすべてを体感してください。

ムーングロウ10年・1stリリース」は、若鶴酒造に残された貴重な1960年蒸留のモルト原酒を含み、若鶴酒造で10年以上樽で熟成された他の原酒をブレンドし、現時点で目指しうる稲垣氏の究極のブレンデッドウィスキーに仕上げています。

カテゴリー: Whiskey | コメントする

アードベッグ・アン・オー ARDBEG AN OA

原産国:スコットランド
分類:アイラ
容量:700ml
度数:46.6度
創業年:1815年
製造元:アードベッグ蒸溜所
所有社:グレンモーレンジ社

アロマ:まろやかでスモーキー。リンゴの木を燃やしたような香りと、トフィーやアニスシード、糖蜜やデーツのクリーミーなノート。桃やバナナのみずみずしい果実香。加水すると、ライム、松ヤニ、ウイキョウ、石鹸、タールといった、アードベッグ独特のアロマが立ち込めます。香りのよいロウソクのような優しいワクシーさとクリーミーさ、スモークしたハーブ、潮っぽい海と海藻の香りが最後に現れます

フレーバー:なめらかでクリーミーな質感。シロップのような甘さ、ミルクチョコレート、糖蜜のトフィー、アニスシード、オレンジ、スモーキーな紅茶の葉、ナツメグやシナモンなどの甘いスパイス、葉巻の煙、グリルしたアーティチョークの風味が感じられます。ウッディ―さと優しいナッティーさが終始続く、甘いフローラルなトーン、ミントトフィー、ビスケットのような優しいノート

フィニッシュ:魅惑的で濃厚な余韻には、アニスシード、ヒッコリー、かすかにスモークが感じられます

ゲール語で『小さな岬』を意味するアードベッグ。アイラ島南東部海岸にマクドーガル家によって創設され、約100年に渡り経営されてきましたが、20世紀に入り何度かオーナーが変わり生産量が減少。1981年から89年までは完全に操業がストップしました。1997年、グレンモーレンジ社に買収され改修が進み、操業再開となりました。

アードベッグ・アン・オー」は、アードベッグが蒸留所を構えるアイラ島のマル・オブ・オー(オー岬)にちなんで名づけられた、まろやかさとスモーキーさが見事に溶け合うシングルモルトです。アードベッグ特有のスモーキーな香りと、繊細な甘さがなめらかでクリーミーな質感のテクスチャーの中に溶け込んでいます。

甘さをもたらすペドロヒメネス・シェリー樽、スパイシーさをもたらすチャーをほどこした新樽、アードベッグらしさをもたらすファーストフィルのバーボン樽の3種類の樽で熟成した原酒を、アードベッグ蒸留・製造責任者ビル・ラムズデン博士が“魔法をかけた”と語る、特別に作られたギャザリングルームでヴァッティングし、長い時間をかけて、個々の和を上回るほどの複雑さと繊細な甘みとスモーキーさを併せ持つシングルモルトへと変貌をとげるのです。

カテゴリー: Whiskey | コメントする

アサヒ・クリスタルゴールド Asahi CRYSTAL GOLD

原産地:日本
分類:リキュール(発泡性)
容量:350, 500ml
度数:6.0度
発売日:2014年1月15日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(名古屋工場)
原材料:発泡酒(麦芽、ホップ、大麦、大麦エキス、米、コーン、スターチ、糖類、酵母エキス、海藻エキス)、スピリッツ(大麦)

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・クリスタルゴールド」は、じっくりと時間をかけてローストした「クリスタル麦芽」と、ファインアロマホップを一部使用することで、華やかで力強い味わいを実現。アルコール度数も6%で、飲みごたえのある新ジャンルです。

ネーミングは、雪や氷の「結晶」を意味する“クリスタル”に、各競技で躍動する選手の皆さまに金メダルを取って欲しいという思いを込めて“ゴールド”を組み合わせました。また、パッケージは、ソチオリンピックの舞台となる銀世界を想起させる透明感のある白色と銀色を基調に、JOC公認のエンブレムと5色の五輪マークを大きく描き、オリンピック日本代表応援の限定商品であることを訴求しています。

カテゴリー: Beer | コメントする

アサヒ・コーラ&モルト Asahi COLA & MALT

原産地:日本
分類:発泡酒
容量:350ml
度数:3.5度
発売日:2014年4月15日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(茨城工場)
原材料:麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、酵母エキス、レモン果汁、大豆タンパク、香料、酸味料

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・コーラ&モルト」は、“爽快なあじわい”と、ビール類ならではの“のどごし”が同時に楽しめ、レモン果汁を0.1%使用することにより、すっきりとした後味を実現。パッケージには、コーラとキレのあるビール類の組合せをイメージした「黒」×「銀」のツートンカラーを採用。視認性の高い缶体中央に「コーラのビアカクテル」と記載し、商品特長を分かりやすく表現しています。

カテゴリー: Beer | コメントする

アサヒ・ドライブラック・バースタイル・ライム Asahi Dry Black Bar Style Lime

原産地:日本
分類:発泡酒
容量:350ml
度数:5.5度
発売日:2014年4月22日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(博多工場、名古屋工場)
原材料:麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ、香料

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・ドライブラック・バースタイル・ライム」は、黒ビールのコクと『スーパードライ』ならではの爽快な切れ味が特長の「ドライブラック」に、ライムの爽やかな風味とほのかに香るミントフレーバーを組み合わせた新しい楽しみ方です。氷を入れていただいてもおいしくお飲みいただけます。

缶体は『ドライブラック』のパッケージをベースに、缶体にみずみずしいライムとグラスに入った「バースタイル ライム」の画像を表記し爽やかな味わいを表現。また、氷を入れた飲み方の説明を配することで楽しみ方を訴求しています。

カテゴリー: Beer | コメントする

アサヒ・ダブル酵母 Asahi DOUBLE KOUBO

原産地:日本
分類:ビール
容量:350ml
度数:5.5度
発売日:2014年4月22日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(福島工場)

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・ダブル酵母」は、ビール類の味わいの決め手となる酵母にこだわり、特性の異なる2種類の酵母を使用したプレミアム生ビールです。醸造工程で使用する酵母には、しっかりとした飲みごたえを生み出す「コク酵母」と爽やかなキレ味を生み出す「キレ酵母」をそれぞれ採用。2つの酵母の特長を活かし“贅沢なコク”と“爽やかなキレ”を調和した味わいに仕上げています。

商品名は、2種類の酵母によってつくられた生ビールという商品特性をストレートに表現するため『アサヒ・ダブル酵母』とし、他のビール類商品との違いをアピールしています。また、パッケージには濃淡を交えた高級感あふれるゴールドを配色することでプレミアム感を表現。

カテゴリー: Beer | コメントする

アサヒ・アクアゼロ Asahi AQUA ZERO

原産地:日本
分類:リキュール(発泡性)
容量:350, 500ml
度数:4.0度
発売日:2014年5月20日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(茨城工場、名古屋工場)
原材料:発泡酒(麦芽エキス、ホップ、糖類、カラメル色素、食物繊維、酵母エキス、大豆たんぱく、調味料(アミノ酸)、硫酸Mg、硫酸Ca、リン酸K、甘味料(アセスルファムK))、スピリッツ(大麦)

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・アクアゼロ」は、仕込み工程において、酵母の発酵に影響を与えることが知られている3種のミネラルを補っています。また、さらに食物繊維を使用することで従来の糖質に配慮した新ジャンルと比較して、よりビールに近い“飲みごたえ”を実現。

泡持ちが弱く色は若干濃いめ、口に含むと、糖質オフ系に多い妙な酸味があり、全体的にさっぱりとした味わいが特徴的です。アロマは、爽やかなホップ香、酸化した様な香り、飲んでみると、香り通りの風味、全体的にさっぱりとしているのですが苦味はしっかり、甘味料の甘味があります。

カテゴリー: Beer | コメントする

アサヒ・ドライゼロ・ブラック Asahi DRY ZERO BLACK

原産地:日本
分類:ノンアルコールビール
容量:350ml
度数:0.0度
発売日:2014年6月10日
創業年:1949年
製造元:アサヒビール株式会社(福島工場)
原材料:食物繊維、大豆ペプチド、ホップ、カラメル色素、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(アセスルファムK)

1949年(昭和24年)、大日本麦酒株式会社の分割により設立。分割後は主に西日本で展開し、1954年から1960年まで日本のビール市場占有率で2位を維持していましたが、1961年に3位になって以降シェア低下傾向が続き、1980年代前半から中盤は4位寸前の低迷期に陥りました。

2000年代からウィスキーやブランデーなどの洋酒事業や焼酎などの分野にも子会社を通じて本格参入。2011年7月1日、持株会社移行に伴い「(旧)アサヒビール株式会社」は「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。同日、会社分割により現在の法人である「(新)アサヒビール株式会社」(2010年8月10日に「(旧)アサヒグループホールディングス」として設立)に現業全般の移譲がなされました。

アサヒ・ドライゼロ・ブラック」は、ビールテイスト清涼飲料に対して“カロリーゼロや“糖質ゼロ”を重視するお客様が年々増加していることに加え、ビールテイスト清涼飲料にいつもと違う味わいを求めるお客様の声にお応えした黒ビールテイスト清涼飲料です。黒ビールのようなコクとうま味がしっかりありながらも、『ドライゼロ』ブランドの特長であるクリアな後味が楽しめます。

パッケージは黒と金を基調として、本格感と上質感のあるデザインに仕上げました。缶体左上の帯に「世界初!」の文字を目立つように記載し、商品特長である“カロリーゼロ”“糖質ゼロ”の文字を右上のアイコンと正面の2ヵ所に記載しています。

カテゴリー: Beer | コメントする